初デートは拘束時間を短く設定しよう

初デートが勝負

なるべく初デートは短めに

 

出会い系サイトで仲を深めていよいよ初デートをすることになったとします。男性としては少しでも長い時間一緒にいたいと思うかもしれませんが、相手の女性はそう思わないかもしれません。

 

というよりも、お互いに会ってみて「なんか違う……」と思ってしまう可能性もあるのです。そのため、初デートというのは拘束時間を短く設定しておくようにしましょう。

 

なぜ拘束時間を短くしたほうがいいのか

 

初デートは拘束時間を短くしたほうがいいということなのですが、中には「なんで?」と疑問を抱く男性もいることでしょう。まずはその理由についてお話ししていきたいと思います。

 

男性としてはメッセージやメールでもやり取りが盛り上がるようになったし、初デートでもガッツリ一緒にいたいと思うかもしれません。しかしながら、相手の女性も同じように思っているとは限りません。

 

「自分がこう思っているから、相手も同じはず」という考え方はとても危険です。独りよがりで自己中心的ですし、下手すればそういった考え方からストーカーになってしまうこともあります。

 

同じ物を見聞きしても、人によって受け取り方というのは違うのです。自分も相手も同じ考えであるという発想は捨て去っておきましょう。

 

出会い系サイトで出会った相手に対して好意を抱いていたとしても、いきなり初デートで丸1日をつぶしたいと思う女性はめったにいません。初デートで丸1日というのは、本当に思っている以上にハードルが高いのです。

 

これは冷静に考えてみると男性にもおわかりいただけるかと思うのですが、例えば丸1日のデートを予定していて、実際に会ってみたら写真と全然違う女の子だった……という場合、どうするでしょうか?写真との落差があまりにもあったからといって、すぐに帰るといったことは罪悪感からできないでしょう。

 

他にもいろいろな可能性が考えられます。メッセージやメールではとてもおしゃべりだったのに実際に会ってみると口下手でほとんどしゃべらないタイプだったということもあるでしょうし、メッセージやメールではとても真面目そうな子だったのに実際に会ってみると真面目さの欠片もないということもあるかもしれません。

 

出会い系サイトを介してやり取りをしていく中で、お互いがお互いに想像の中でイメージを作り上げてしまうのです。そして、そのイメージというのは往々にして実物とは結構な違いがあるものです。

 

要は、お互いに実際に会ってみてガッカリする可能性というのは決して低くはないのです。その可能性がある中で丸1日のデート、それも初デートで……というのはあまりにもハードルが高すぎます。

 

女性は男性よりも物事をドライに考える部分がありますので、初デートの話が出た時点でいろいろな可能性を考えているものです。もちろん、楽しみにしている部分も確かにあるでしょうが、そういったリスクがある中でいきなり初デートで丸1日というのはハードルが高く、嫌がられる可能性のほうが高いのです。

 

悪い意味で「思っていたのと違う」という相手と丸1日のデートというのは、拷問に近いものです。何をしても楽しくないでしょうし、「早く終われ!」と思ってしまうでしょう。

 

思っていたのと違うからといって適当に理由をつけて切り上げるのも罪悪感がありますし、実際に見た目で判断したような部分があってもそう思われるのが嫌という気持ちもあるでしょう。これと同じような思いを男性自身もする可能性があるということを考えれば、初デートで丸1日という発想にはならないのではないでしょうか?

 

長いと下心があるものと勘違いされることも

 

仮に丸1日かけて初デートをするとしたら、朝から晩まで一緒になることになるでしょう。晩というのは、言うまでもなく女性から警戒される時間です。

 

男性としては普通に晩御飯を一緒に食べて解散と考えているかもしれませんが、女性のほうは「こいつ、初デートでいきなりお持ち帰りする気か?」と思ってしまう可能性があります。特に、ある程度の年齢になってくると男女が夜の時間を一緒に過ごすとなると、大人の関係というものを想像するようになるのです。

 

下心がなくとも、そう思われてしまった時点で女性の気持ちというのは離れてしまいます。初デートで丸1日など拘束時間を長くしてしまうと、その気がなくともその気があると受け取られてしまう可能性があるのです。

 

男性はそのあたりのこともしっかりと考えた上で、初デートというものを練っていかなければいけないのです。特に出会い系サイトのようにお互いがよく見えない状態でやり取りするところでは、相手がどのように考えるのか、相手がどのように受け取るのかということをしっかりと考えていかなければいけません。

 

初デートで拘束時間を短くするのはメリットだらけ

 

丸1日の初デートを考えていた方にとって、初デートで拘束時間を短くするとなると残念に思えるでしょう。しかしながら、初デートで拘束時間を短くするというのは実はメリットだらけなのです。

 

まず、拘束時間を短くすることによって女性から初デートのOKをもらいやすくなるのです。例えば、「丸1日かけて○○へ行かない?」という誘いよりも「仕事帰りに□□ってカフェでお茶しない?」という誘いのほうが明らかにハードルは低いものです。

 

もともと女性というのは、出会い系サイトを経由して男性と実際に会うということに対して警戒心があります。そういった中で拘束時間の長いデートを提案されると不安のほうが勝ってしまうのですが、それこそ何かのついでに済ませられるような誘いであれば不安感も薄れOKしやすくなるのです。

 

また、お互いにイメージが違ったというときでも安心です。丸1日かけたデートであれば、待ち合わせ場所で対面した時点で「無理!」と思っても、そのままデートを続けることになります。

 

思っていたのと違う相手のために、楽しくもない時間のために丸1日をつぶすのです。時間が経過するのも遅く感じられるでしょうし、これは苦行とも言えるとても恐ろしいことなのです。

 

しかしながら、拘束時間の短い初デートであれば、対面したときにお互いに「違う!」と思ってもどうにか耐えられるでしょう。もともと拘束時間の短い初デートだからこそ、理由をつけてちょっと早めに切り上げるということにも抵抗がないでしょうし、可能です。

 

拘束時間の短い初デートというのは、男性にとっても女性にとってもリスクが少なく、安心できるのです。

 

しかも、もしお互いに「この人いいな」と思えるような初デートだったのであれば、拘束時間が短いことによって「もっと一緒にいたい」と思わせることができます。量の少ないおいしい料理を食べたときに「もっと!」となるのと同じです。

 

相手に「もっと」と思わせることができれば、セカンドデートにつながりやすくなります。場合によっては、女性のほうからセカンドデートの提案をしてくれるようなこともあるかもしれません。

 

初デートというのはハードルが高いものですが、それ以上にセカンドデートというのはもっとハードルが高くなります。お互いに楽しめるような初デートで、その初デートの拘束時間が短かったのであれば、自然な流れでセカンドデートにも期待が持てるのです。

 

このように、拘束時間の短い初デートというのはメリットだらけなのです。