タメ語は厳禁!敬語を上手に使う

出会い系ではお相手と敬語で話す

敬語を使うようにしよう!タメ語はNG

 

出会い系サイトに限ったことではないのですが、女性と話すときにタメ語でいくべきか、敬語でいくべきか悩んでしまうという男性は多いでしょう。実際に、タメ語か敬語かというのは多くの方が頭を抱えてしまう部分です。

 

というのも、相手の年齢にもよりますし、相手がタメ語や敬語に対してどのように考えているのかといった部分も関係してくるからです。タメ語は馴れ馴れしいけど、敬語だと堅苦しい……といった両者の印象の違いも影響してきます。

 

ただ、結論から言ってしまうと最初からすべてタメ語というのはやめておいたほうがいいでしょう。敬語を上手に使っていくというのがひとつのテクニックとも言えるのです。

 

実際には使い分けは難しい

 

タメ語で誰とでもフレンドリーに話すことができる子を微笑ましく見ていると、周りの人が「敬語も使えないなんて……」とヒソヒソするなんてことはよくあることです。もともとタメ語と敬語というのは与える印象がまったく違う上に、人それぞれで受け取り方も違ってくるものです。

 

特に、もともとの知り合いというわけではなく、出会い系サイトで知り合った女性というのは距離感のつかみ方が難しいものです。だからこそ、余計にタメ語でいくべきなのか、敬語でいくべきなのか迷ってしまうものです。

 

最初からタメ語では馴れ馴れしいですし、場合によってはチャラい印象やノリの軽い印象を与えてしまいます。いきなりタメ語だったからこそ、門前払いされてしまうということもあるでしょう。

 

かといって、敬語だと堅苦しくなってしまう部分もあります。敬語というのは確かに丁寧にはなるものの、どこかお客様とスタッフのような距離感になってしまうこともあります。

 

敬語だからこそ、距離か縮まらないということも実際にあるのです。ただ、敬語というのは上手に使うことによって、逆にとてもいい印象を与えることもできます。

 

だからこそ、いきなりタメ語で勝負するのではなく、敬語を上手に使っていく方向で実践していったほうがいいのです。

 

徐々に混ぜていけばいい

 

タメ語100%か敬語100%かという考え方よりも、敬語を基本にしてそこにタメ語を混ぜていくという考え方のほうがいいでしょう。というのも、先でもお話ししましたように敬語オンリーというのは堅苦しくなってしまい、距離か縮まらないということもあります。

 

しかしながら、敬語を基本にしつつそこにちょっとタメ語を加えることによって、堅苦しさというものが緩和されるのです。言ってしまえば、ちょうどよくなるのです。

 

実際にお互いに打ち解けるまでは、敬語とタメ語を混ぜたものがいいと言われています。もちろん、ケースバイケースですので一概には言えないのですが、敬語を基本とすることによって「常識のある人」「マナーを守れる人」という印象を与えることができます。

 

もしこれから女性に送ろうとしているメッセージがあるのであれば、そのメッセージをすべて敬語で書いたもの、敬語にタメ語を混ぜたもの、すべてタメ語で書いたものの3パターンにわけてみてください。面倒かもしれませんが、これが一番わかりやすいかと思います。

 

すべて敬語で書いたものというのは、いかにも堅苦しい感じがするかと思います。ちょっと冗談を言ってみても、わらっていいのかわからないような仕上がりになってしまうことも珍しくありません。

 

一方で敬語にタメ語を混ぜたものというのは、男性から見ても比較的受け入れやすい文面になっているかと思います。丁寧さも感じつつ、フレンドリーさも演出できる理想的な仕上がりになっているのではないでしょうか?

 

そして、すべてタメ語で書いたものというのは、自分でも恥ずかしくなるような仕上がりになっているでしょう。チャラい印象もあるでしょうし、いかにもノリが軽く出会いを大切にしていないような印象で馴れ馴れしさもあるかと思います。

 

もっとも理想的なのは敬語にタメ語を混ぜたもので、最悪なのはタメ語オンリーのものです。女性にメッセージを送る際には、敬語にタメ語を混ぜたものを意識するようにしましょう。

 

そのほうが女性も返信をしやすくなるのです。

 

同じタメ語でも丁寧に

 

タメ語オンリーはNGですが、敬語を基本にタメ語を混ぜるのは悪いことではありません。それどころか敬語ならではの堅苦しさをタメ語でカバーできるので、理想的な仕上がりになりやすいです。

 

ただ、タメ語にもいろいろなものがあります。敬語に混ぜるタメ語というのは、タメ語の中でも丁寧なものを意識していきましょう。

 

例えば、同じタメ語の文章であっても「今日道端でこけてまじ最悪。」「今日うっかり道端でこけちゃった。大変だったよ〜」というのではまったく印象が異なるかと思います。前者のタメ語というのは同じタメ語でも品がないですが、後者のタメ語というのは同じタメ語でも丁寧さがあります。

 

このように同じタメ語でも相手に与える印象がまったく違ってきますので、敬語に混ぜるタメ語もできるだけ丁寧なものにしておいたほうがいいのです。逆に、品のないタメ語では敬語の中で浮いてしまいますが、丁寧なタメ語だからこそ敬語の中にも馴染んでくれるのです。

 

特に、これから会うという段階であればなおのこと、丁寧なタメ語のほうがいいです。会う前に印象を悪くしてしまったのでは、会えるものも会えなくなってしまいます。

 

敬語からタメ語への切り替え

 

敬語を基本にタメ語を混ぜたメッセージが理想だという話をしてきましたが、せっかく仲を深めていくのにいつまでも敬語が抜けないというのはちょっと残念なものです。もちろん、あえて敬語を使うのがいいとお互いにそう思っているのであればそのままでもいいのですが、やはりタメ語で話せたほうがより距離も縮まるというものです。

 

そうなってくると、敬語からタメ語への切り替えというのもひとつのポイントになってきます。これはなるべく早い段階で目指していったほうがいいでしょう。

 

もし女性のほうから「ねぇ、もうタメ語で話さない?」と言われたのであれば、素直に女性の言うことを聞き入れてタメ語で話すようにしましょう。もちろん、ここでもできるだけ丁寧なタメ語で話すようにしたほうがいいです。

 

ただ、女性からそういった申し入れがないこともあるでしょう。そういった場合には、思わずタメ語が出てしまったという体でタメ語の割合を増やしていきましょう。

 

男性のほうから「もうタメ語で話してもいい?」と聞くよりは、自然な形でタメ語の割合を増やしていったほうが自然です。

 

言葉遣いで相手への印象を上げていこう!

 

タメ語と敬語というのは多くの方が悩むところではあるのですが、いきなりどちらか一方に偏るというのは好ましくありません。特に、最初からタメ語オンリーというのはいけません。

 

そのタメ語が品のないものであれば、本当に最悪です。言葉遣いというのは相手の振る舞いや態度といったものを想像させるものですので、ここでの印象が悪いと自ら出会いのチャンスを台無しにしてしまうことになるのです。

 

敬語を基本に、そこに丁寧なタメ語を加えていくという形でメッセージのやり取りを進めていきましょう。男性にしてみれば「丁寧な敬語がいいに決まってる!」「フランクなタメ語がいいに決まってる!」とそれぞれの考え方があるかもしれませんが、それを判断するのは女性であるということを忘れないようにしましょう。