ファーストメッセージの返信率を高めるノウハウ

返信率を高めよう

出会い系サイトでの返信率を高めよう

 

出会い系サイトにおけるファーストメッセージというのは、最初のアプローチとなります。第一印象が重要になってくるということは一般的にもよく知られていますが、出会い系サイトにおいてはまさにこのファーストメッセージが第一印象を左右することになります。

 

ぐっと印象を高めて、返信をもらうことが第一歩であり、最初のハードルとも言えるでしょう。では、どのようにして返信率を高めればいいのでしょうか?

 

ここでは、返信率を高めるノウハウをご紹介していきたいと思います。

 

まず返信率が低くなるようなメッセージを送らない

 

出会い系サイトにおいて重要性はわかっているものの、わざわざ自ら返信率が低くなるようなファーストメッセージを送っている男性も少なくありません。まずは、出会い系サイトにおいて返信率が低くなるようなファーストメッセージを送らないことを意識していきましょう。

 

そのためには、どのようなファーストメッセージが返信率を低くさせてしまうのかを把握する必要があります。以下で具体的にご紹介していきましょう。

 

「ほぼ一言だけの送信」

ほぼ一言だけのファーストメッセージを送る男性も少なくありません。例えば、「はじめまして〜」「よろしく〜」「今暇〜?」「話そ〜」といったものです。

 

こういったほぼ一言だけというのは、女性にとって返信に困るものです。返信に困るからこそあえて無視されてしまうようなこともあります。

 

ただ、これは無視をする女性が悪いのではなく、男性が悪いのです。お互いに相手のことがわからない状態で男性のほうから送るのであれば、男性のほうから自分の情報を開示していく必要があります。

 

それに一言だけというのはいかにもノリが軽い印象を与えてしまいますし、おまけに頭が悪そうに見えます。ほぼ一言だけというのは男性にとっても女性にとっても、何ひとつメリットがないのです。

 

「質問攻めのファーストメッセージ」

女性のことを知りたいと思う気持ちが先走ってしまって、質問攻めになってしまうケースもあります。気持ちは確かにわかるのですが、相手の気持ちを考えなければいけません。

 

質問攻めにされるというのは、極端な話、道端で突然話しかけられて質問攻めにされるようなものです。女性にしてみれば困惑してしまいますし、それ以上に恐怖を感じるでしょう。

 

質問攻めというのは、とにかく印象が最悪です。一方的で、ストーカーをするような人間だと思われても仕方がありません。

 

どうしても聞きたいことがあるならば、ひとつに絞り込むようにしましょう。あれもこれもというのはお互いに何のメリットもありません。

 

「自分語りばかりのファーストメッセージ」

一方的に自分語りをしてしまうというケースは少なくありません。女性のことを知りたいというよりも、自分のことを知ってほしいという気持ちが勝っているからこそのファーストメッセージです。

 

これも印象としては悪いです。女性にしてみれば知りたいと言ったわけでもないのに、通りすがりの男性が一方的に自分語りをしてくるようなものです。

 

「だから何?」と思ってしまうでしょうし、一方的に自分語りをする必死さやナルシストな感じが受け付けないと拒絶されてしまう可能性が高いです。出会い系サイトのやり取りに限ったことではなく、人と人とのやり取りというのはキャッチボールです。

 

一方的に自分語りをするのは一方的にボールを投げ続ける行為ですので、相手から良い印象を持たれるはずがないのです。独りよがりで自己中心的な人として、女性の中では論外とされてしまうでしょう。

 

「馴れ馴れしいファーストメッセージ」

ファーストメッセージというのは、お互いに相手のことを知らない状態で送るものです。話したこともなければ、会ったこともない相手です。

 

その相手に対して、どうして馴れ馴れしくできるのでしょうか?もちろん、男性としてはフレンドリーな部分を見せつけたいのかもしれませんが、いきなり馴れ馴れしい態度を取ってくる男性を女性は激しく警戒します。

 

下手すれば「馴れ馴れしい男」と切り捨てられてしまうかもしれません。男性としてだけではなく、人として恥ずかしい行為ですのでこれは絶対にやめておきましょう。

 

返信率を高めるなら丁寧な言葉遣いに

 

ファーストメッセージで返信率を高めるのであれば、まず丁寧な言葉遣いを覚えましょう。もちろん、ビジネス文書に使うような言葉ではありません。

 

一般的な会話で使う丁寧な言葉遣いです。「ですね」「ですよ」「ですよね」くらいはいいでしょうが、基本的にはですます調で文章を書いていくようにしましょう。

 

初めてメッセージを送る相手ということを考えれば、これは常識的に考えても当たり前のことです。出会い系サイトだからといって常識を無視していいというわけではないのです。

 

返信率を高めるなら適度な長さに

 

一言二言の極端に短いファーストメッセージも質問攻めや自分語りで極端に長くなっている場合も返信率は低くなります。短すぎればやる気がなくノリが軽く見えますし、長すぎれば重たく自己中心的に見えます。

 

適度な長さというものもしっかりと意識していきましょう。短すぎることもなく長すぎることもない文章に仕上げてこそ、最後までしっかりと読んでもらうことができますし、返信も期待できるのです。

 

適度な長さにすることによって、そこに書かれているアピールの内容が印象に残りやすいという部分もあります。

 

返信率を高めるなら3つのポイントを押さえた内容に

 

ファーストメッセージの返信率を高めるのであれば、その内容もしっかりと考えていかなければいけません。しっかりと「挨拶と簡単な自己紹介」「共感や褒め言葉」「質問」という3つのポイントを押さえていきましょう。

 

「挨拶と簡単な自己紹介」

初めてのお相手ですので、挨拶はきちんとしておきましょう。そして、こちらからメッセージを送っているのですから、自分がどういう人間なのかもきちんと説明しておきましょう。

 

ただ、挨拶も自己紹介も長々としたものになってしまってはいけません。2行か3行くらいで、ザックリとした情報が伝わるような内容にします。

 

「共感や褒め言葉」

女性のプロフィールをチェックして、共通点を見つけます。その共通点について触れながら、共感の姿勢を見せたり、女性を褒めたりといったことをしておきましょう。

 

例えば、料理が好きで画像を投稿している女性であれば「料理をするのって楽しいですよね」「料理、お上手なんですね」といった感じで触れればOKです。共感の姿勢や褒め言葉というのは、相手の警戒心を解いてくれるのです。

 

「質問」

そして、質問です。女性の趣味や好きなことについて質問をしてみましょう。

 

最後を質問でしめることによって、ファーストメッセージの返信率がアップします。趣味や好きなことに関する質問であれば、なおさらです。